>ミラノ通信

記事検索

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

富山県では平成14年度からジェトロの「ローカル・トゥ・ローカル産業交流事業」を活用したデザインミッションの派遣等、世界のデザイン先進地イタリア ミラノと工業デザイン分野での交流を行ってきました。その結果、富山県の企業が誇る高度な技術力とイタリア ミラノのデザイナーの独創的なデザインとが融合した魅力的な新商品が生まれるなどその成果は着実にあらわれています。 このような背景のもと、富山の企業とミラノのデザイナーとの交流をより一層深め、相互の情報交換を通じてビジネスの創出につなげることを目的として平成18年6月に富山・ミラノデザイン交流倶楽部が創設されました。

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

〒939-1119 高岡市オフィスパーク5番地 富山県産業高度化センター2F (公社)富山県デザイン協会内
TEL.0766-63-7140 / FAX.0766-63-7141 / mail: info@toyama-da.jp

ミラノ・ミッション2008

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

富山・ミラノデザイン交流倶楽部では、イタリア、ミラノでにおいて開催される世界最大級の国際家具見本市「ミラノ・サローネ」視察を主な目的にミラノ・ミッションを派遣しました。4月16日(水)~22日(火)のミッションに参加したのはインダストリアル・エンジニア、グラフィック・デザイナー、地場企業・セレクトショップのオーナーなど10名。主会場(フィエラ)だけでなく町中の美術館、ギャラリーや空倉庫などで開催されるデザインイベントの数々をハシゴしたり、本倶楽部ミラノ支部長 蓮池槇郎氏邸での交流会で現地デザイナーと意見交換したり、まさに『デザインの祭典』にわくミラノを体感してきました。

※写真は、交流会にて参加者からプレゼントされた高岡銅器を手に取る蓮池槇郎氏。銅器の色、質感などについてのご意見に神妙な面持ちで聞き入るデザイナーたち。

DESIGN BREEZE 2007 イタリアの風にふかれて

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

展示1『富山県立近代美術館20世紀の椅子コレクションから』

様々なカタチと豊かな色彩表現にデザイナーの個性がほとばしるようなイタリアの椅子。モダンデザインの芽生えから現代の素材と技術をデザインに活かした作品に至るイタリアンデザインの風を感じる展示会を開催しました。

展示2『挑戦 風の町八尾からミラノへ』
デザインの国イタリアで開催される世界最大級の国際家具見本市ミラノサローネ。このサローネ2006に出展を果たした富山市八尾在住の家具デザイン・ユニットSHIMOO DESIGN こと下尾和彦・さおり夫妻の作品を紹介しました。
会期  2007年11月22日(木)~25日(日)

会場  ウイング・ウイング高岡
主催  富山・ミラノデザイン交流倶楽部/社団法人富山県デザイン協会
共催  富山県/富山市/高岡市/株式会社富山県産業高度化センター
協力  富山県立近代美術館

イタリア式おいしい食卓

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

富山・ミラノデザイン交流倶楽部の広報事業として、「イタリア式おいしい食卓」展を開催しました。本倶楽部ミラノ支部長の蓮池槇郎氏デザインのリッチェル社製品と同倶楽部顧問のステファノ・ジョバンノーニ氏デザインによるアレッシ社製品の中からテーブルウェアを中心に展示販売すると共に倶楽部の活動をご紹介しました。

会期  2007年10月3日(水)~9日(火)
会場  大和富山店5F ザ・トピックス
主催  富山・ミラノデザイン交流倶楽部
協力  株式会社リッチェル、コニーズアイ
共催  富山県、(社)富山県デザイン協会、(株)富山県産業高度化センター、(株)大和富山店

富山・ミラノデザイン交流倶楽部設立総会

富山・ミラノデザイン交流倶楽部



社団法人富山県デザイン協会理事長の竹平栄太郎氏が同倶楽部会長に就任し、富山支部はデザイン協会内、ミラノ支部は(株)ゴールドウインヨーロッパ内に事務局をそれぞれ設置。デザイン都市ミラノとの情報交流、イタリアのデザインセンスと県内企業のものづくりの力をコラボレートさせた商品開発を目指します。


富山支部入会状況

法人会員(会費:2万円)25社 / 個人会員(会費:1万円)20名
入会は随時受付中です。


日  時  2006年6月6日(火)午後3時半~

会  場  ホテルニューオータニ高岡

出  席  60名

トップへ戻る概要組織入会フォームデザイナーズカタログお知らせ活動の記録会員専用ページ