>ミラノ通信

記事検索

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

富山県では平成14年度からジェトロの「ローカル・トゥ・ローカル産業交流事業」を活用したデザインミッションの派遣等、世界のデザイン先進地イタリア ミラノと工業デザイン分野での交流を行ってきました。その結果、富山県の企業が誇る高度な技術力とイタリア ミラノのデザイナーの独創的なデザインとが融合した魅力的な新商品が生まれるなどその成果は着実にあらわれています。 このような背景のもと、富山の企業とミラノのデザイナーとの交流をより一層深め、相互の情報交換を通じてビジネスの創出につなげることを目的として平成18年6月に富山・ミラノデザイン交流倶楽部が創設されました。

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

〒939-1119 高岡市オフィスパーク5番地 富山県産業高度化センター2F (公社)富山県デザイン協会内
TEL.0766-63-7140 / FAX.0766-63-7141 / mail: info@toyama-da.jp

最新鋭像技術について 技術からのアプローチ

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

講師:中村秀樹氏

注目のウエラブルデバイス Microsoft Hololens

デバイスを装着して参加者が見ているのは、闊歩するジュラ紀の恐竜たち!


デザインセミナー

最新映像技術について 技術からのアプローチ


日時  2017年10月5日(木)18:30〜20:00

会場  ギャラリー・カフェNOWA


映像プロデューサー 中村秀樹さんを講師に迎え、ビジネスに活かすための最先端の映像技術を解説していただきました。

映像技術を、テレビCM以外のあらゆる産業に水平展開して行こうと取り組んでいます。5年後、AR(拡張現実)(MR(ミックスドリアリティ)含む)市場は7兆円規模(現在の25倍以上)に成長すると言われていますが、大都市集中になると思われ、危機感を持って取り組んでいます。その産業が地域に根付いていくには、その産業に対する地域の理解が必要不可欠であり、複雑で難しい技術ですが、ゆくゆくは富山がこの分野で存在感を発揮できるようになれればと考えております。」(中村氏談)。


中村 秀樹

映像プロデューサー/システムエンジニア/株式会社イーシステム CEO

1970年 富山市生まれ。プログラマ・システムエンジニアを経て、2004年 株式会社イーシステムを創業。テレビCM、展示会用映像制作、プロジェクションマッピングを手掛け、2017年 ㈱能作の新社屋プロジェクションマッピングを制作。最近は全天球・VR(バーチャルリアリティ)・AR(拡張現実)・MR(ミックスドリアリティ)の開発にも取り組んでいる。


海外デザイン視察研修2017「台湾」

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

富山・ミラノデザイン交流倶楽部では、海外デザイン視察研修2017「台湾」を実施しました。2016年に富山県総合デザインセンターと台湾デザインセンターが市場開拓や商品開発での協力強化に向け覚書を締結するなど今後ますます人やモノの交流が活発化することが期待されている台湾。参加者は、最先端と何処か懐かしさを共有するデザインや街並にふれ台湾デザインを満喫することが出来ました。


海外デザイン視察研修2017「台湾」

日程  2017年12月1日(金)〜4日(月)

参加  28名

写真は上から、台湾デザインミュージアム外観、台湾デザインミュージアム展示、蘭陽博物館

ミラノ通信No.21 「ミラノ・サローネ・スペシャル」

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

ミラノ在住インテリアデザイナー 池田美雪さんによるミラノ通信。今号はお待ちかねミラノ・サローネ特集です。若手デザイナーの登竜門として20周年を迎えたサローネサテリエやフオーリサローネ等の話題満載です。

MilanoReport_1MB

磨き、次に手渡すもの 

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

デザインセミナー

磨き、次に手渡すもの


テラウチさんは、カルティエの撮影や米国MITでの講演、パリユネスコ本部での富士山写真展など海外での活躍も目覚ましい。一方、富山市の「アメイジング・トヤマ・フォトプロジェクト」に取り組むなど地方の魅力を再発見し、自分たちの地域に誇りを持ち、その地域にあったイメージ作りを行い、広く全国へ情報発信していく地域活性化プログラムにも取り組む。まさに花も実もある活動を行っている。そんなテラウチさんの今回の講演テーマは「磨き、次に手渡すもの」について。今いちど自分の足元にある地域文化と歴史を見直すことで、海外市場にむけた事業戦略が変わってくるかもしれません。


テラウチマサト(写真家/プロデューサー/株式会社シー・エム・エスCEO)

1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家であり、モノやコトの隠れた本質を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。2014年10月より、富山市政策参与に就任。 2015年1月には長崎県東彼杵町芸術大使に就任。写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。


日時  2017年6月29日(木)18:30〜20:00
会場  ウイング・ウイング高岡 503研修室

トップへ戻る概要組織入会フォームデザイナーズカタログお知らせ活動の記録会員専用ページ