>ミラノ通信

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

富山県では平成14年度からジェトロの「ローカル・トゥ・ローカル産業交流事業」を活用したデザインミッションの派遣等、世界のデザイン先進地イタリア ミラノと工業デザイン分野での交流を行ってきました。その結果、富山県の企業が誇る高度な技術力とイタリア ミラノのデザイナーの独創的なデザインとが融合した魅力的な新商品が生まれるなどその成果は着実にあらわれています。 このような背景のもと、富山の企業とミラノのデザイナーとの交流をより一層深め、相互の情報交換を通じてビジネスの創出につなげることを目的として平成18年6月に富山・ミラノデザイン交流倶楽部が創設されました。

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

〒939-1119 高岡市オフィスパーク5番地 富山県産業高度化センター2F (公社)富山県デザイン協会内
TEL.0766-63-7140 / FAX.0766-63-7141 / mail: info@toyama-da.jp

デザインセミナー「地場産業のブランド化 ー世界の燕をもう一度」

富山・ミラノデザイン交流倶楽部


























デザインセミナー

「地場産業のブランド化 ー 世界の燕をもう一度


日時:2015年3月6日(金)18:30〜20:00

会場:ホテルニューオータニ高岡4階「藤の間」(高岡市新横町1)

講師:鶴本晶子さん(ブランディング・ディレクター)


セミナーでは、新潟県燕市で真空二重構造のチタンカップのブランド化を進めたことで知られる講師が、開発から流通までを手掛けた経緯を紹介。「ビジョン」「リサーチ」「アクション」の3要素をバランスよく行う事で新しい価値を創造。その価値を世界市場へ正しく発信することから直接販売経路を開拓、地場産業のブランド化に成功した事例を発表。参加者は技術、機能、デザインを現代のライフスタイルに合ったものにすることで、地場産業も新たなブランドたりえる可能性を確認した。


鶴本氏講演



デザインセミナー「日本文化と伝統芸術の未来」

富山・ミラノデザイン交流倶楽部


デザインセミナー

「日本文化と伝統芸術の未来」


舘鼻則孝氏の目指すものは「日本の文化、日本のファッションの最新の姿を世界に発信し、何かを感じてもらうこと」。そして、様々な作品の制作には日本の伝統工芸の技術が息づいています。イメージは如何に具現化され」世界へ発信されていくのか。作品を前にたっぷりと語って頂きました。

(下記の舘鼻氏講演をご参照下さい。)




日時:2015年1月24日(土)

14:00〜16:00

会場:富山県立近代美術館1階ホール

富山市西中野町16-12

セミナー&対談

講師:舘鼻則孝

(アーティスト/NORITAKA TATEHANA 代表)

対談:舘鼻則孝

能作克治氏(株式会社能作代表取締役社長)

参加:約80名

舘鼻氏講演

ミラノ通信No.15 ミラノ国際博覧会

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

今年は、日本をはじめ145ヶ国が参加して2015ミラノ国際博覧会(5/1〜10/31)が開催されます。このミラノ万博の見所など直前情報をミラノ在住インテリアデザイナーの池田美雪さんにリポートしていただきました。現地取材による「現場の生の情報」があふれていますよ。

MilanoReport_N.15

ミラノ通信No.14 ミラノ・サローネ・スペシャル

富山・ミラノデザイン交流倶楽部

ミラノ在住インテリアデザイナー 池田美雪さんによるミラノ通信。今号は、毎春恒例の「ミラノ・サローネ・スペシャル」です。「貧困から生まれる新しいスタイル ”ネオナート=新生”」とは?昨今の経済停滞の中で家具業界が今後進むべき方向とは?

MilanoReportN.14

トップへ戻る概要組織入会フォームデザイナーズカタログお知らせ活動の記録会員専用ページ